オーストラリアなんでもQandA




ここではみんなの素朴な疑問を解決していきたいと思う。




Q:これからオーストラリアに行くつもりなんだけど、住むところとかはどうすればいいのかな?


A:実際はオーストラリアに到着する前にいろいろと調べておくほうがいいけど、行く用途によって違ってくるよ。例えばツアーだったら初めから決まっているから心配はない。学生であれば、入学願書なりを日本国内から出した時点でホームステイなどの宿泊場所は決まっているだろう。 
 
だけど、大事なのはバックパッカーやワーキングホリデーなんかの人たちで、そういった人たちは初めから宿泊場所を決めている人は圧倒的に少ない。では私自身のケースで見てみよう。
 
私の場合は、メルボルンにワーキングホリデー・ビザで滞在していたときは知人の家に滞在していた。そして、QLD州とNSW州内を3ヶ月間放浪一人旅していた時は事前にある団体を通じて連絡しておいた所に泊めさせて頂いたり、ヒッチハイクして行き当たりばったりで泊めさせてもらっていた(非常に危険なのでマネはしないように)。ちなみにバックパッカーやホテルに泊まったことは全くなかった。
 
その後シドニー入りした時点では住むところは全く決まっていなかった。そこで急遽セントラル駅近くのYHAに泊まり、街に繰り出すと新聞や雑誌を買いあさった。そして運良く日豪プレス(日系情報新聞紙)と出会い、そこに出していたステイ募集広告者(全て地元オージー)の自宅に電話をかけまくった。次から次にアウトとなり、途方に暮れていたところ、最後に電話をかけた所が運良くOKを出してくれた。
 
そこで押しかけ女房よろしくバックパックを背負うと電話をかけた当日に同家に行くと即契約。その日からその家がマイ・スイートホームになったのである。
 
長々と書いたが、ようは私みたいな境遇の人は、到着→バックパッカーやYHAに一時的に泊まる→情報を集める→即コンタクトを取る→入居、という段取りが一番良い。でも、実際は、現地インターネットカフェから(都市部には必ずある)日本国内から日豪プレスなどの現地情報サイトからアクセスし、情報を収集、かつ相手と連絡を取り、ステイする場所を決めておいた方が断然安全で、あれこれ考える必要がないからいい。リンクに現地情報を掲載してあるからチェックして見よう。




Q:渡豪する前にしておいた方がいいことって?

A:はっきりいって歯の治療(笑)。これには本当に困る。なにせ学生やワーキングホリデーなんかは保険が利かないから、日本みたいにまともな保険負担ってのができない。だからまともにキャッシュで取られる。私なんか一回の治療で100ドル程払ったことがある。渡豪する前に歯の治療は必須でしょう。


Q:日本の電化製品を使うにあたって何か注意事項は?

A:まずコンセントが違う。日本は二本プラグだけどオーストラリアは三叉プラグ。もちろん電圧も違う。だから変圧器は日本で前もって買っておいた方がいい。電化製品の中には変圧器を使わないで、先のプラグだけ変えるだけでいい場合があるけど、万が一の場合に備えて変圧器を持っていこう。


Q:オーストラリアと日本の物価の違いって?

A:基本的にオーストラリアの方が何でも安い。食べ物も当然安い。食材にも順番があるけれど。

例えば野菜は安い。牛肉も日本に比べればかなり安いし、チキンもそこそこ、豚肉もそこそこ。でも魚は他の肉類に比べて高い。そこは日本と反対だ。それからシドニーにおいて、家賃ははっきりいって高い。シドニーに住む前にそれは覚悟しておこう。

電気代、ガス代なんかは日本に比べて安いようだけど、一番安いのは電話代。公衆からかけても分かるように、どれだけかけても25セント。しかしながら電化製品は、質は当然日本より劣っていてかつ高い。日本製品なんかは当然輸入だから高い。よって持ち込み持参の方向でいこう。



Q:オーストラリアってやっぱり南国?天候って?

A:はっきり言ってオーストラリアに住む地域によって違う。例えば、大まかに言ってみると、ノーザンテリトリーみたいな北部地域だったら、気温は当然上がるし、大抵の日が暑い(赤道に近いから当たり前か)。

それからケアンズやブリスベンは比較的温暖な日が続き、シドニーは夏は暑いし、冬はそれなりに寒い。メルボルンやタスマニアの冬はそれ以上に寒い。真冬はコートにマフラーがいるくらいである(特に夜寒し)。アデレードもメルボルン同様、冬は寒い。パースも暖かそうで冬は寒い。ようは、オーストラリアのイメージ=南国、というのはあまり当たってないような気がする。というか当たっていない。

オーストラリアが南国だ、というイメージを植えつけているのが「ノーザンテリトリー」だとか、ブリスベン、ケアンズがある「クイーンズランド州」なんかが原因だと言える。他の地域(シドニー、メルボルン、アデレードetc)なんかは夏は暑いし、冬は寒い。暖かい時期もある(春だね)。それに落葉だって見ることができる(秋かな?)。

ちなみに、オーストラリアと日本の気候は正反対。だから日本が夏の時は、オーストラリアのシドニーから南方地域に関しては気温がグーンと下がる(特に夜)。こういった地域を訪れる人は、当然半そでTシャツなんかの夏用服だけじゃなくて、ちゃんとした冬用の服も用意しておこう。風邪ひきたくなかったらね。
ちなみにオーストラリアの気候を知りたい人は下をクリック!!!

YAHOO提供オーストラリア気象情報!


Q:今シドニーにいるんだけど、どこが一体安くておいしいのかな??

A:オーストラリアは多国籍であることは先述した通りだけど、シドニーに限ってはもっとマルチカルチャーの所だから、どんな国の食べ物も大抵見つかる。
例えば、中華料理だったら、チャイナタウン。韓国料理だったら、ストラスフィールド。イタリア料理なら、ライカート。日本料理だったらシドニー全体で食べられるけど、強いて言えばニュートラル・ベイにクロウズネスト。ベトナム料理はカブラマッタ、海鮮料理だったら、ダーリングハーバー。バイキング料理だったら、スターシティー・カジノなんかお勧めスポットだね。
タイ・インド料理を食べたいって言う人は、ニュータウンのキングストリート上にずらっと並んでるから、端から順に試して見るってのも一興かも。
と、どんなモノでも基本的に食べられるシドニーだけど、本当に安いものを食べたいのなら、やっぱりチャイナタウンに限る。見た目は大衆食堂風で、アジアン系オンリーだけど、量・値段・味ともに絶対満足間違いなし。

たまに行くならこんな店で食べ物情報をチェック!!!


ここでは、豪州に関する素朴な疑問をどんどん掲載していきます。もし、質問がある方は、もんどまでメールでどうぞ!




トップへ

当サイトのイラスト・GIFアニメ等は海の素材屋さんからお借りしています!!!その素材つくりの感性は天才といっても過言ではありません!